投資顧問ならどうする?三井住友への投資方法

日本の巨大グループであると同時に、世界でも知名度の高い三井住友グループは貯蓄分野から建設まで関わっています。
その三井住友に投資をするとなると、投資顧問ならどのような投資方法を考えるでしょうか。

まずは三井住友銀行を始めとする銀行や証券会社、保険会社といった金融系の分野に投資をすることを誰でも考えることと思います。
他にも三井住友建築の株を購入するという投資方法もありますし、三井住友系の銀行が証券会社が大株主になっている会社の株や社債を購入するという、間接的な投資方法もあります。

投資顧問だと、上記の方法に加えて「投資信託を利用する」方法をとる方もいます。
特に初心者向けにアドバイスする場合は特に日本市場そのものに投資する形をとるインデックス系の投資信託を利用することをお勧めする投資顧問は多いです。
インデックス系の投資信託は手数料も安く、分散投資をするために大儲けは期待できませんが株価暴落にも比較的耐えうるのと、特に日本市場そのものに投資をするインデックス系の投資信託の大部分には三井住友グループの株が多少なりとも組み込まれているため、分散投資といえどもそれなりにお目当ての企業への投資は自然とできているからです。
インデックスではない投資信託の中には、三井住友グループの株や債券を多く組み込んでいるものもありますので、リスクを気にしなければそういった投資信託を購入して、より積極的に利益を狙うという投資方法も良いでしょう。

直接投資にこだわれば大きな金額が動くこともありますが、少額で間接的に三井住友グループへの投資を行う方法はいくつか用意されています。
ご自分でわからない時には、投資顧問に一度相談してみて下さい。

ページトップへ