投資顧問とは何か?

投資家が手持ちの資産を金融商品に投資する際に、他人から何らかのアドバイスを受ける機会は多いですが、投資顧問はこのアドバイスを業務として行い、投資家から報酬を受け取っている者のことを指します。投資顧問業が投資家に対して行うアドバイスは専門的な視点で分析した内容が根拠となっているため、確実に資産を増やすために投資顧問会社と契約する投資家はたくさんいます。
日本では、金融商品取引法の規定に基づいて財務局に登録を受けて投資顧問業務を行っている者のうち、金融機関以外の業者を指して投資顧問業者と呼んでいます。登録制がとられているのは、1980年代に個人投資家が投資顧問会社にお金を騙し取られる被害にあう事例が多く表面化したためです。金融商品取引法では、無登録のまま業務を行うことだけでなく、登録業者が無登録業者に名義貸しを行うことも禁止となっており、違反した業者には刑事処分と行政処分の両方が行われることになっています。
日本では投資顧問業は法律によって、投資助言業と投資運用業の2種類に区分されています。投資助言業とは、顧客の投資家からの依頼を受けて金融商品の投資について助言を行い、対価として報酬を得る業務で、社会一般で投資顧問業と呼ばれるものはこちらの区分に該当します。一方、投資運用業は、顧客である投資家と投資一任契約を結んで、顧客から預かった投資資金の運用を行い、報酬を得る業務のことを指します。投資を一任した結果利益が生じた場合は、そこから成功報酬にあたる金額が差し引かれて投資家のもとに戻りますが、損失が生じた場合は法律で業者による損失補てんが禁止されているため、投資を一任した投資家本人の自己責任となります。

投資顧問業者を選ぶポイント

投資を成功させるためには、正しい投資顧問と契約を結ぶことが大切です。投資顧問の選び方では、まず投資家のニーズを理解できるか確認します。具体的には、投資家の意見を聞いたり、投資家同士で情報を交換できるコミュニティとして掲示板を設けたりする業者です。また始めて投資をする個人や企業に向けて、専門用語などを詳しく説明するヘルプデスクが備わっていると良いです。次に財務局の登録をもらっていることです。有価証券の価値判断をアドバイスできるのは、金融庁に登録され認可を受けた業者のみと、2007年9月30日に施行された金融商品取引法で決まっています。これは投資家の保護するための法律で、認可を受けないで投資顧問の業務を行うと違法です。インターネット上では無登録の業者がいるので、注意します。投資において絶対儲かるという法則は存在しません。法律でも断定的な判断で勧誘することを禁じています。しかし一部の闇業者では、損失の補填や特別な利益を与えるなどと甘い誘い文句で営業活動を行っているので、誇大広告でないか気を付けます。投資顧問業者で最も重要なのは、信頼できるかどうかです。インターネット上では顔を合わせないので、適切なアドバイスをしてくれるか見極める必要があります。ホームページなどで電話番号や住所を記載している業者を選びます。中には携帯番号しか伝えない場合があります。080や090で始まる連絡先では、実際に会社が存在しない可能性もあります。そして利益を得るために、利食いやロスカットのタイミングを教えてくれる投資顧問業者が良いです。INのタイミングだけでは不十分なので、OUTまで情報提供する業者が利益を出しやすいです。

優良な投資顧問業者を徹底比較

株式や債券などに投資を行う場合に、それに対しての情報を提供したりアドバイスを行うものとして投資顧問があります。かつて、投資顧問は一部の悪徳業者等により投資家が被害を被ったこともあり、選ぶ場合には業者の内容や業績に対して十分な調査が大切なことになります。
投資顧問を選ぶ場合に一番大切なことは、提供された情報が利益を上げることにつながるかどうかがあります。たとえ情報やアドバイスが数多く行われたとしても結果が伴わなければ、結局は手数料だけがマイナスとなってしまいます。投資顧問には業者ごとに得意とする内容があり、そこでの比較をすることによって選定の基準とすることができます。その内容としては、キャピタルゲイン型で比較をする場合、アナリストで比較をする場合、また、株価の解釈に対しての比較で行う場合などがあり、他にも、推奨銘柄やファンダメンタルズ、銘柄分析力などがあります。また、投資顧問の中には先手で情報やアドバイスを行う業者や市場に対して強気な業者、情報を早く入手する業者などがあり、それぞれの特徴で比較をすることも方法となります。
投資顧問は比較をすることによって自分が行いたい投資方法を選ぶことができますが、他に、基本的に重要な内容があります。それは、1つ目には手数料が安いことがあります。手数料は成績にも大きく影響するために大切な位置を占めることになります。次に、財務局登録や協会加入などがしっかりと行われているのかがあります。業者の中には許認可を取らないで行っているものもあり、十分な確認が必要となります。そして3つ目としては、広告や勧誘に虚偽がないかということがあります。投資には確実に利益が出るという保証はなく、場合によっては元本割れを起こすこともあります。そのためにノーリスクに力を入れて説明を行う業者等には十分な注意が必要となります。
任せようとした投資顧問の評判が悪い可能性もあります
NISAについて
ボロ株のおすすめ
株主優待の中でも人気なものとは?

ページトップへ